物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< やっと落ち着いた | main | 大きなユニットの製作 >>
経営は難しい
0

    先日、創業者への無料相談があった。

    銀行の仲介で話をさせてもらった。

    私は当初、生涯職人として好きなモノづくりをしていればいいと思っていたが、

    娘や息子が手伝ってくれているので、わずかでも給料を払ってあげたいと経費計算をしたら

    赤字だった、金は二の次で面白く仕事が出来ればいいと思っていたが、それではだめだと

    相談に乗ってもらったが、今後のビジョンを考えるようにとアドバイスを受けた。

    創業の目的は、3年間の事業計画の立案、事業拡大の方法と手段などを考えなければならない。

    【2019.06.02 Sunday 11:12】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/79
    トラックバック