物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 今思うこと | main | 今年いっぱいで会社を辞めます。 >>
さみしいね
0

    余談だがこのところ寂しすぎて心が折れそうだ

     

    今まで娘夫婦と孫二人に囲まれて生活してきたが、旦那の実家が2世帯住宅を建てたのでそちらに引っ越していった。

    子供を育てていたときは仕事に夢中で稼がなければと余裕がなかったが、孫はただただ可愛い、幸せになってほしい。

    自分のことを棚にあげていうのもなんだが、義理の息子にいいたい、家族を大切に第一に考えてくれ

     

    娘に言いたい、いつでも帰ってこい、親子3人で寝るくらいの場所はある、親子3人でずっと暮らしていくなら

    近くにアパートも借りてやる、苦しむな笑ってくれ、それが一番孫たちを幸せにする道だから。

     

    毎朝、起こしに来る孫、会社から帰ると抱きついてくる孫、ユーチューブのアンパンマンが見たいとせがむ孫

    2歳と4歳可愛い盛りだ、そんな孫にもう会えないのかな

    親父として向こうに家になんぞ遊びに行けるか

    じじいのぼやきです。

    粘土注射器

    孫に作った粘土注射器、

    筒径を小さくしないと孫には力が無くて押し出せなかった。

    【2016.10.07 Friday 10:02】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/75
    トラックバック