物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< さみしいね | main | 準備で大変だ >>
今年いっぱいで会社を辞めます。
0

    JUGEMテーマ:製作屋の裏話

     

    定年となりますので今年いっぱいで会社をやめます。

    あと2ヶ月無い、2年前に退職の意思を示して、後継者や技術に継承をしようと思ったが

    名乗り出る若者が居なかった、当然だろうな現場は汚れる、息抜きが出来ない。

    退職後を考えて、古い1軒屋を借りた、そこで小さな工場をやろうと思っている。

     

    娘夫婦は旦那の親元へ行った、孫と会えなくなり寂しい、若いときは子供たちを育てるのに仕事を夢中でこなしたが

    孫はゆとりが出たのか、責任が無いからか、ただ可愛い、幸せになってほしい。

    旦那にはいい父親で居てほしい、寂しいよ。

     

    退職後は会社の下請けとして請負で仕事をしていくが果たして今の若い営業マンたちが私に仕事を回すだろうか。

    工場で職人としてNC旋盤や立フライス、旋盤などを動かして金属加工を主にやっていこうとおもっている、

    仕事が無いときは自宅で3Dプリンターや糸のこ盤などで樹脂や木材を主に加工したり、設計、製図をしていこう

    以前からの私のお客はそのまま引き継いで私が相談の窓口としてやっていくが、実際の製作となったら会社を通すことになるので

    今までと同じと考えてもらっていい。

     

    またネットショップを本格的に取り組んでいこうと思う。

    商品は小さいが玩具や雑貨品を製作販売していこうと思っている

    ショップを見て意見を聞かせて欲しい。

     

    ひらがなブロックをプリントして見た、裏にマグネットを仕込んであるので冷蔵庫やホワイトボードにくっつけて遊んでもいいしブロックの厚みも10mmあるので積み重ねても面白い、孫がちょうど自分の名前を覚えだしたのでこれで勉強してくれれば

    濁音、小文字を入れて74文字で1セット14,800円、一文字250円でどうだろうか

    売れるかな、大きさは30X30X10ミリメートル

    色は何がいいだろう、黄色か、赤を基準にしようかな

    ひらがな

    【2016.11.05 Saturday 12:08】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/74
    トラックバック