物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 小さな歯車の製作 | main | 足首を固定 >>
手すりのカバー
0
    JUGEMテーマ:3Dプリンタ
    昨日、階段の手すりのカバーが壊れたのでメーカーに問い合わせたところ販売していないとのこと製作して欲しいと現物を持って依頼に来た。
    仕上げは自分で紙やすりとペンキで仕上げるとのこと、3Dプリンターでプリントしてみた。
    手すりカバー
    会社でも同じ手すりを使用していたので、プリントした後はめ込んでみたところ微妙にはめ合いが違う、図面を修正しながらはめ合いを修正、3度目のプリントでうまくいった。
    6個でファイル作成費も含めて10,000円請求したが、DMMに見積もりを出したところアクリル材で1個6,000円とのこと、精度や仕上がりは最高だがプリントするだけでこの金額はどうなのかな
    【2016.02.08 Monday 11:43】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/61
    トラックバック