物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< スマートフォンのケースをプリントしてみた | main | レーザー加工を趣味で始めた >>
空き缶つぶし機の初お披露目
0
    JUGEMテーマ:製作屋の裏話
    以前に書きました、自転車を応用した空き缶つぶし機「自缶です」を
    11月20日(金)、21日(土)に開催する江戸川区産業ときめきフェアに実川製作のブースで展示します。
    開催場所は都営新宿線の船堀駅前のタワーホール船堀です。

    どなたでも動かしていただいてご意見、ご感想をお寄せください。
    会社のブログにも更新しておきました、私は参加しませんが会社の若手と社長が接待にあたります。
    なぜか新しいもの面白いと思うものは夢中になって製作するのですが、できてしまうと興味が薄れてしまうのです。
    わるい性分です、良かろうが悪かろうが自分が納得すればそれでいいのです、売ろうとかは考えていません。
    当然会社での製作ですので社長は売りたいというのであれば改良や製品化に協力はしますがそれだけです。
    興味があれば是非来場して動かしてみてください。
    自缶です
    面白いと思います、子供たちが一番喜ぶのかな、どのくらい小さい子が潰せるか小学1年生でも潰せるかな
    それが一番知りたい
    【2015.10.14 Wednesday 11:37】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/56
    トラックバック