物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< キター、3Dプリンター本来の仕事 | main | インテリア小物の販売を始めました2 >>
キター、3Dプリンター本来の仕事2
0
    JUGEMテーマ:3Dプリンタ
    驚いた、エルボをDMMを見積もりしてもらったら1個7,600円だそうだ。
    今回この仕事は製図代10,000円、プリント代1個1,000円で8個製作を受注したが
    7,600円が相場なのか。せいぜい3,000円位かと思ったのだが
    これでは仕事としては私も発注をかんがえてしまう。

    私がMCセンターを導入した20年以上前は、MCの工賃が時間10,000円といわれたが
    今では時間3,000円取れればいいところだろう。
    もっともそのときは人件費削減と考え部品製作をしようとしたのだが、金型で使用する機械との認識から仕事が無かった、
    今でこそ町工場でも部品製作にMCを主力にしているが

    3Dプリンターも技術者不足なのか、時代が早いのか、まだまだ前が見えない
    仕事として、試作が時間短縮出来、安く製作できると認識するのは何時だろう。
    エルボ10
    3Dデーター
    エルボ9
    プリントしたエルボ

    私が始めたネットショップ(気まま工房「来未」)https://www.iichi.com/shop/kurum
    で販売しているインテリア小物「吊置き君供廝吋札奪硲押ぃ娃娃葦澆斑傭覆鯢佞韻燭
    DMMで見積もりしてもらったらフック6,000円+棚板1枚10,000円X2枚=26,000円だそうだ。
    相場が高い、これでは趣味の範疇からの脱却はむりかな、
     
    【2015.09.26 Saturday 23:52】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/53
    トラックバック