物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 飾りの挽き物 | main | お店を開きました >>
図面で商売になった
0
    JUGEMテーマ:製作屋の裏話
    新商品を開発して製作をしたいがついては図面を書いてくれと頼まれた。
    話を聞くと他に製作をしてくれるところがあるらしいが、図面を書いてこなければ出来ないといわれたとか
    最初1.2枚だろうと3,000円位でとはなしたとろ、ユニットを分解して部品の製作図面をとのこと
    ざっと見て6.7枚になりそうなので6,000円で話をつけた。
    いざ分解してみると17枚の図面になってしまった、1枚1,000円としても17,000円
    受けた以上製図したが、相場は分からない。
    ただ、現場で実際に図面で製作をしているので、製作者の身になって図面を書いている。
    よくプロに頼んだという図面を見るが肝心な部分が抜けていたり、製作が出来ないような図面もある
    そのときは改めて図面を書き承諾を得るようにしている。
    図面でお金をもらったのは初めて、商売になるのかな
    CADで書いているのでPDFでもDXFでも提出できるし、JPEGでも
    今は昔のように現物と同じものを現物でとか、絵のような図での制作をする人も居なくなってきた。
    若いのにも製図を教えているがはっきり言ってとろい、必死さが無いこんなんで良いのか。
    協力工場からも角度や、曲線同士の交点を教えてくれと電話がよくある。
    商売にしてみようかな

    この図は協力工場から彫刻するための素材の直径を計算して欲しいと頼まれ製図をした。
    彫刻の図しか得意先から出ていない、実寸では無いので製図した。
    CADで製図しているので曲線同士の交点も必要に応じて何枚も出せる
    【2015.08.20 Thursday 13:39】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/48
    トラックバック