物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 後1年半 | main | 補助ステーの製作依頼が来た >>
CNCフライスを購入
0
    JUGEMテーマ:3Dプリンタ
    昨日、フェースブックにCNCフライスが紹介されていた。
    ページを開いてみるとクラウドファンティングのページだった、
    会社や個人が製品やイベントを開催したいとき資金の提供を一般から募る「makuake」という会社のページだった。
    何社か同じようなページを公開しているがいいシステムだね、昔はいいアイデアがあっても資金が無く断念してしまっていたが
    一般の見も知らない人から資金を募り、実現できると同時に自分のアイデアが世の中に受け入れられるかも知ることが出来、励みになるだろう。
    その中にCNCフライスを製作するに当たっての市場調査も考えているのか支援を願うページがあった、何種類か同じような機械を製作している会社のようだったがより広く知って欲しくて出したのだろう。
    CNCフライス
    昔、MC(マシニングセンター)と呼ばれるコンピューター制御のフライス盤を使用していたが当時は2000万から3000万もした、しかもスペースも1坪以上で工場として設備しなければならなかった。
    今回のCNCフライスは机1つのスペースで良い、加工能力は段違いだがGコードでの動きのようで同じ操作で機械を動かすことが出来そうだ、それ以上に簡単になっているのだろうか。
    玩具のような機械だが動かしてみたくて20万円弱だったが支援をした、機械が出来上がったら送ってくれるそうだ。
    1軸で真鍮やアルミしか加工が出来なくZ軸の切り込みも0.数ミリのようだか実際に動かしてみないと能力は分からない。
    3Dプリンターで積層を習得したので今度は切削で遊んでみよう。
    いい時代だな世間が認めてくれるとみんなが応援してくれるシステム、今回の支援したCNCフライスも玩具と覚悟して遊ぶなら安いし場所もとらない。
    やはり物つくりが好きだし、生涯挑戦、勉強をしていきたい。
    1つのことを極めるのも良いだろうが、私は多くを学び複合した新しいものに挑戦し続けたい。

     
    【2015.08.06 Thursday 11:01】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/44
    トラックバック