物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< CNCフライスを購入 | main | 飾りの挽き物 >>
補助ステーの製作依頼が来た
0
    JUGEMテーマ:製作屋の裏話
    先日、九州からお客が来てくれた。
    何の部品か分からないが、現物を持ってきて同じ物を製作して欲しいとのこと。
    3次元の部品で2DCADでも書き表せない複雑な形状だった。
    出来るかどうか分からないがとりあえず預かった。
    分析しても分からない、町工場では無理かな、だけど人が製作したのだから出来ないわけが無い、2週間かけて現物を元に冶具を製作してみた、分からないときは「下手な考え休むに似たり」とりあえずいじくり回してみた。
    何とか切断と溶接の冶具を作ることが出来、形になった。
    職人はダメだね、難しいと思うと挑戦したくなる、なんとしても作ってみたくなる、採算度外視で決まるかどうか分からないのに、自己満足のために苦労する。
    ステー3ステー2ステー1
    出来た、そこで満足、後は「野となれ山となれ」
    【2015.08.10 Monday 11:16】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/42
    トラックバック