物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 玩具の大砲 | main | これからは農業が主力産業 >>
電子工作に再度挑戦
0
    JUGEMテーマ:3Dプリンタ
    最近、ArduinoというワンボードPCにはまっている。
    若いころ電子工作にはまって色々作っていたが、ワンボードコンピューターを知って言語がCだとのこと、
    しかもベーシック言語のイチゴジャムなるボードも出ていると知り、再度挑戦してみたくなった。
    ただ困るのは部品が小さく、しかもテストするにもブレッドボードを主にしても机の上がちらばることだ。
    基板を押さえるベースをプリントして見た、拡張性を考えて接続出きるようにして楽しんでいる。
    基板ベース3
    スイッチ類をまとめたベース
    基板ベース2
    DCモータで遊びたくて歯車とベースをプリントして見た
    基板ベース1
    サーボモーター用テストボード
    安いプリンターでは表面の加工等がめんどくさいのでフィギアなどには向かないが、これなら十分楽しめる。
    接続自由なのでいろいろなテストが出来そうだ。
    基板や部品に合わせて自由にプリントできるし、
    多穴ボードはレゴと同じ穴ピッチプリントしているのでレゴとの接続で楽しめそうだ
    ただ、今度は収納に困ったので、専用ラックを製作中、出来たらまた掲載します。
    場所が無いので棚板にぶら下げられるラックをプリントしてみた。
    小さなラックフック
    棚板の挟みこめるフックを作り、そこに引っ掛けられるようにしてみた。
    フックも取り外し自由でどこにでも移動できるし固定するなら穴に木ネジで固定できる。
    小さなラック棚板
    もちろん下にも置けるし高さもアルミの棒の長さを変えれば自由、棚板の位置も自由。
    小さなラック棚板
    立にも取り付けが出来るように棚板をプリント
    少ないスペースで色々と実験をしたくてこんなものを製作した、積層の筋も気にせず自由にプリントできるからいいね。
    今度は電子回路と3Dプリンターを駆使して孫の玩具作りを楽しめる。
    メリーゴーランドや観覧車などモーターと歯車等で製作しよう。
    ところで、ラックとレゴ板は商品になるかな
    【2015.07.24 Friday 14:15】 author : 夢追い爺
    | 3Dプリント | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/41
    トラックバック