物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
<< 新しい製作方法に挑戦してみた | main | 空き缶つぶし機のお披露目 >>
自缶です
0
    JUGEMテーマ:製作屋の裏話
    久々に当社(実川製作)オリジナル商品を開発した。
    空き缶つぶし機「自缶です」
    自転車のペダルを漕いで空き缶を潰せる機構を製作した。
    中の機構を見えるようにして、子供たちが興味を示してくれれば最高
    近々に展示会等でお披露目するつもりですが、現在は投入口の製作に社長自ら苦戦中
    私は機構が出来上がったので興味は薄れてしまった。
    缶つぶし本体
    ペダルを漕ぐとチェーンで歯車1に伝わる
    ペダルのスポロケットと歯車1は約2対1から4倍となるので力は2倍
    歯車1と歯車2は1:4なので2X4で8倍、リンク比が1:2、潰し板の比が約1:2
    最低でもペダルの踏んだ力が8倍以上の力になって缶を潰す機構です。
    小学生での手軽に潰せる。
    回転式投入口
    投入口はリボルバー式で1個だけ入る機構にしてみた。
    2個までは潰せるがそれ以上入ってしまうとかなり足に力を入れないと潰れないから
    図面等は出来上がっているので、評判がよければ量産型を作ることも可能だ。
    ペダルカバー
    チェーンにズボンのすそが絡まないようにカバーも付けた、外周はポリカの透明板で囲って危なくないようにする
    中が見えるので自分の力で缶がどうして潰れるのか見れるようにする。
    潰れた缶
    潰した缶、結構良い感じに潰れている。
    簡易型の足で潰すものが出回っている中、少々大掛かりな装置とも思うが皆で楽しんでリンクや歯車の勉強になればと思っている。来社した方に試してもらっているが、口を揃えて面白いと言ってくれる、8回ペダルを漕がないと1個の缶が潰れないのでダイエットにもなるかなといっていた人も、面白いが一番だよね。
    私の置き土産かな、公開したら動画も見せたいな
    【2015.06.16 Tuesday 10:02】 author : 夢追い爺
    | 恥掻き手習い | comments(0) | trackbacks(0) |
    この記事に関するコメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yume0218.jugem.jp/trackback/34
    トラックバック