物造り50年の親父が3Dプリンターにはまった
造形したものや他に製作したものなどを紹介していきます
 
親子3代かな
0

    JUGEMテーマ:製作屋の裏話

    昨日、円錐形状の製作品を頼まれた、裏の仕上げをどうしようか、加工のしようがない。

    径は3種類、角度も3種類。

    じいじ、おやじ、せがれの3代みたい

    【2019.07.10 Wednesday 13:50】 author : 夢追い爺
    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
    百人百様
    0
      JUGEMテーマ:3Dプリンタ

      3Dプリンターを導入して3年かな
      様々な挑戦をしてみたが、考え方は百人百様のようだ、確かに私が導入したプリンターは初期のもので様々な課題もあったが
      私はどちらかというと、実用品を最近はプリントすることが多い。
      棚用フックであったり、風呂場で玩具を置くスペースが無ければ窓枠を利用してフックを作成したり
      フィギアや装飾品には筋目が有ったりして後加工を入念にしなければならないが、実用品であれば機能さえ満足できれば仕上がりの粗さなどはさほど気にならない。
      まして良いことは使用してみて、すぐに不具合を修正することができること、壊れてもまたプリントして使用することができる。
      キャドを使用してプリント図を作成しているので大きさや形、寸法の修正はすぐにできる。
      プリント時間はかかるが、手がかからず夜中でもプリントすることが出来るので苦にならない、コストは100均と同じとはいかないが自分の気に入った物が出来ることは値段以上だろう。
      批判する人も多いが、機械もその性能や可能性を考えてそれなりに使用すればいいのだろう、人も百人百様あるように機械にも様々な特徴や機能が制限されている、要は使うのは人であり人の考え1つで100パーセントの活用が出来るということだろう。
      同じ機械でも年数が古くなれば出来ないものも出てくるが同じように、考えを変えることで100パーセントの効率を上げることができる。

      【2019.07.09 Tuesday 14:17】 author : 夢追い爺
      | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
      図面の作成
      0

        JUGEMテーマ:製作屋の裏話

        図面で製作を依頼されたが、協力工場が理解できないとのこと

        改めて3Dキャドで製図して渡した。

        【2019.07.06 Saturday 16:34】 author : 夢追い爺
        | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
        大きなユニットの製作
        0

          JUGEMテーマ:製作屋の裏話

           

          漠然とした話から始まった話がやっと図面を起こせた。

          これから細かい部分の爪をして製作にかかるが、大きすぎて製作途上の確認ができない。

          出たとこ勝負、一発勝負の仕事、怖いな何が起こるかわからない。

          【2019.06.26 Wednesday 16:35】 author : 夢追い爺
          | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
          経営は難しい
          0

            先日、創業者への無料相談があった。

            銀行の仲介で話をさせてもらった。

            私は当初、生涯職人として好きなモノづくりをしていればいいと思っていたが、

            娘や息子が手伝ってくれているので、わずかでも給料を払ってあげたいと経費計算をしたら

            赤字だった、金は二の次で面白く仕事が出来ればいいと思っていたが、それではだめだと

            相談に乗ってもらったが、今後のビジョンを考えるようにとアドバイスを受けた。

            創業の目的は、3年間の事業計画の立案、事業拡大の方法と手段などを考えなければならない。

            【2019.06.02 Sunday 11:12】 author : 夢追い爺
            | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
            やっと落ち着いた
            0

              久しぶりの投稿です。

              240日ぶりだそうです。

              独立して気まま工舎「來未」としてやってきましたが、何を勘違いしたのか

              67歳にして、八街に中古の家を購入して終いの住まいが出来たと喜んだのもつかの間

              庭に9坪の工場を建て、機械は中古を譲り受けて、またぞろ金属加工を始めてしまった。

              会社組織、合同会社來未(くるみ)にしてルンルンしていたのが1か月も立たず後悔している。

              工場建築が遅れたり、機械の引っ越し、借家の引っ越しなどあたふたした半年だったが、やっと落ち着いて

              仕事が出来る体制ができた。ところが仕事がないだれか仕事をください。

              八街工場

              工場内部

               

              【2019.05.31 Friday 17:25】 author : 夢追い爺
              | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
              合同会社 來未です
              0

                JUGEMテーマ:製作屋の裏話

                しばらくぶりの投稿です。

                独立して早いもので1年と9か月が過ぎました。

                今まで実川製作の工場を借りて製作をしてきましたが、この度八街市に家と工場を購入して

                そちらで、会社を興し社名を「合同会社 來未」として新たなスタートをします。

                業務内容は依然と同じ金属加工が主となります。

                ホームページも新たにしてhttps://kousya.netで紹介していきます。

                 

                【2018.10.02 Tuesday 04:43】 author : 夢追い爺
                | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
                準備で大変だ
                0

                  JUGEMテーマ:製作屋の裏話

                  いよいよ退社が迫ってきた、第三の人生の出発だ

                  来年から本格的に気まま工房「來未」をスタートさせる

                  会社からの仕事の請け負いも、ネットでの販売も「くるみ」として受けていく

                  個人のホームページ(http://koretaka.net)の更新やハンドメイド販売サイトのネットショップ(https://www.creema.jp/c/zeryu)の段取りや今まで勤めた会社の机周りの整理等々やることが山積みだ

                   

                  会社のメールやホームページからの問い合わせは後輩にすべて預けたが、工場での仕事がどんどん増えている。

                  会社の好意で工場は自由に使用していいとの了解がもらえた、個人的の受ける金属加工や会社からの仕事も自由に出来る、

                  趣味で製作している作品も販売していく、見聞を広めるために展示会や講習会にも参加して行こう、シェア工房でも普段の日の昼に作業できる、木工やレーザー加工など製作出来る分野も広がる、贅沢しなければ生活していけるだろう。

                  今までのお客様にも迷惑がかからないようにしていきますので、今後は個人ホームページに掲載しているメールアドレスに一報していただければ対応していきますのでよろしくお願いいたします。


                  三輪車

                  【2016.12.14 Wednesday 10:57】 author : 夢追い爺
                  | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  今年いっぱいで会社を辞めます。
                  0

                    JUGEMテーマ:製作屋の裏話

                     

                    定年となりますので今年いっぱいで会社をやめます。

                    あと2ヶ月無い、2年前に退職の意思を示して、後継者や技術に継承をしようと思ったが

                    名乗り出る若者が居なかった、当然だろうな現場は汚れる、息抜きが出来ない。

                    退職後を考えて、古い1軒屋を借りた、そこで小さな工場をやろうと思っている。

                     

                    娘夫婦は旦那の親元へ行った、孫と会えなくなり寂しい、若いときは子供たちを育てるのに仕事を夢中でこなしたが

                    孫はゆとりが出たのか、責任が無いからか、ただ可愛い、幸せになってほしい。

                    旦那にはいい父親で居てほしい、寂しいよ。

                     

                    退職後は会社の下請けとして請負で仕事をしていくが果たして今の若い営業マンたちが私に仕事を回すだろうか。

                    工場で職人としてNC旋盤や立フライス、旋盤などを動かして金属加工を主にやっていこうとおもっている、

                    仕事が無いときは自宅で3Dプリンターや糸のこ盤などで樹脂や木材を主に加工したり、設計、製図をしていこう

                    以前からの私のお客はそのまま引き継いで私が相談の窓口としてやっていくが、実際の製作となったら会社を通すことになるので

                    今までと同じと考えてもらっていい。

                     

                    またネットショップを本格的に取り組んでいこうと思う。

                    商品は小さいが玩具や雑貨品を製作販売していこうと思っている

                    ショップを見て意見を聞かせて欲しい。

                     

                    ひらがなブロックをプリントして見た、裏にマグネットを仕込んであるので冷蔵庫やホワイトボードにくっつけて遊んでもいいしブロックの厚みも10mmあるので積み重ねても面白い、孫がちょうど自分の名前を覚えだしたのでこれで勉強してくれれば

                    濁音、小文字を入れて74文字で1セット14,800円、一文字250円でどうだろうか

                    売れるかな、大きさは30X30X10ミリメートル

                    色は何がいいだろう、黄色か、赤を基準にしようかな

                    ひらがな

                    【2016.11.05 Saturday 12:08】 author : 夢追い爺
                    | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    さみしいね
                    0

                      余談だがこのところ寂しすぎて心が折れそうだ

                       

                      今まで娘夫婦と孫二人に囲まれて生活してきたが、旦那の実家が2世帯住宅を建てたのでそちらに引っ越していった。

                      子供を育てていたときは仕事に夢中で稼がなければと余裕がなかったが、孫はただただ可愛い、幸せになってほしい。

                      自分のことを棚にあげていうのもなんだが、義理の息子にいいたい、家族を大切に第一に考えてくれ

                       

                      娘に言いたい、いつでも帰ってこい、親子3人で寝るくらいの場所はある、親子3人でずっと暮らしていくなら

                      近くにアパートも借りてやる、苦しむな笑ってくれ、それが一番孫たちを幸せにする道だから。

                       

                      毎朝、起こしに来る孫、会社から帰ると抱きついてくる孫、ユーチューブのアンパンマンが見たいとせがむ孫

                      2歳と4歳可愛い盛りだ、そんな孫にもう会えないのかな

                      親父として向こうに家になんぞ遊びに行けるか

                      じじいのぼやきです。

                      粘土注射器

                      孫に作った粘土注射器、

                      筒径を小さくしないと孫には力が無くて押し出せなかった。

                      【2016.10.07 Friday 10:02】 author : 夢追い爺
                      | 製作屋に務める親父の独り事 | comments(0) | trackbacks(0) |